【2022年03月22日】現在、最も注目されている本ベスト10【文学・評論】

本・電子書籍

今週、Amazonで最も注目された本をカテゴリ別に毎週更新しています。買いたい本が決まっていないときの参考にどうぞ!

1位 20代で得た知見

著者:F
発行日:2020年09月19日

トップレビュー

投稿者:おもち
20歳の私へ(あとちょっとで21歳になるけど)
最近コロナとか家のこととか恋愛のこととかいろいろありすぎて死にたいと思ってました。むしろ死ぬ方法ばかり探していました。それが秒でよんで、号泣しながらページをめくり続けました。感想は感想文みたいになりそうなので端的にレビューしたいと思います。そこで1つ言えることは、わたしは今のこの20歳(数ヶ月後に21ですが)の時にこの本に出会えたこと、Fさんに出会えたことに心から感謝します。本当に、死にたくて仕方がない日があって、でも楽しい日もある。それが悪いことじゃないし、言葉で表現する全てが正しいことでも悪いことでもないと思えました。この本はわたしのバイブルです。でも、わたしだけのバイブルではありません。この国に、この世界に生きる20代になる、20代、20代を過ぎた人たちへの未来書、ラブレターのような、反省文のようなそして人生の辞典のようだと感じています。わたしはもっと多くの人に読んでほしいし、知ってほしいと思います。20代を迎える貴方、20代の貴方、そして20代を過ぎた貴方。全員が楽しめる本でありそして全員が読むべき本のように感じました。この本の言葉達はわたしの眠れない永い夜に寄り添ってくれる。まさに大人の読み聞かせ本のようなものです。朝日を眩し過ぎると感じるわたしにそっとエールをくれる。陰陽関係なく生きづらい現代を生き抜く私たちに必要なのは、教科書、参考書、雑誌、漫画、自己啓発本だけじゃなくってこの本なんだったんだ。そう思いました。わたしはわたしのままでいい。曖昧でもいい。それがわたし。あなたも許されるはず。許されないこともあるけど心の少しの部分は自分が許してあげられるかもしれない。わたしはこの本を抱いて墓に入りたい。わたしの心の支えです。そう思えました。

2位 同志少女よ、敵を撃て

著者:逢坂 冬馬
発行日:2021年11月17日

トップレビュー

投稿者:ストロング
日本人の作者が描いた駄作!ただそれだけ!読む価値はない!
いわゆる歴史戦争ものに架空の話をいれた作品。この手の作品は戦記物としてよくあるがソ連人でもない!ソ連に住んだ訳でもない!日本人が描いた作品。そもそも女性の狙撃部隊の話とかライトノベル「でもライトノベルは架空だからマシ!これはWWⅡ題材し作者が創作しており余計に立ちが悪い!」・物語のきっかけ!→モスクワ進行の農村虐殺!↓これがまずおかしい!確かにドイツ側にアインザッツグルッペン(移動虐殺部隊)など存在していた!しかしバルバロッサ作戦初期のモスクワ進行中に虐殺している記録など見た事も聞いた事ない!それどころか史実は快進撃で補給線が伸び切りT-34ショックや冬将軍到来でドイツ軍は酷い目に遭う時期であるさらに開戦前はソ連総書記スターリングによる大粛清後であり農村自体も強制労働なども入れモスクワ周辺のソ連人の心境はかなり複雑である!(ちなみにソ連人というのはソ連は多民族国家の為、グルジア人、ロシア人、朝鮮人、モンゴル系など豊富!でも作者は日本人です!)・少女の狙撃心理描写家族が殺されてドイツ軍が憎い!だから狙撃部隊に入り復讐するという流れとしてもそこに作者特有の平和ボケした命の価値観が挟まり話を無駄に長くしているのが馬鹿!鹿を狩るのと人を殺す命の対比とか。あれ?「ちなみに作者本人は家族もいてドイツ軍にも殺されてない戦後日本人です!」実際はソ連もドイツも互いに虐殺している。戦争が長期化し極限化!誰にも止める事が出来ない状況に命の価値もクソもない!敵は倒す!憎き相手は殺す!そして戦争に勝つ!本当にシンプル!本当にそれだけ!「だからドイツは降参しない!ソ連も遠慮しない!最終的にドイツ首都ベルリン崩壊まで止まらない!」少女が狙撃部隊に入るとか作者の自己満足の性的趣向で書いた駄作だと思うイラストや称賛している著名人も一流の人を用意させ称賛させているが最後まで読む価値はない!まだ戦争テーマにした架空戦記やライトノベルを読む方がよっぽど娯楽も入れ価値がある!「構成が上手いのと物語に説得力があるのとは別だと思う!」最後に著名人の一言が全てが物語っている↓「これは武勇伝ではない!」つまり「僕の好きな少女を主人公にして復讐をテーマにした作品です!ぜひ読んでください!」こんものが読む暇あるなら独ソ戦の歴史書を購読した方がよっぽど面白く学ぶ事も出来ると思います。

3位 本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 短編集II

著者:香月美夜
発行日:2022年03月10日

トップレビュー

投稿者:老婆の休日
kindle版読者には是非
紙の書籍版には付いてるらしい特典SS集。読みたいやら、所有したいやらで私も書籍版で買いたいのですが、本の保管場所の為に増改築は流石にちょっと・・・・ってことで、ここ数年購入する本はkindle版。そんな悩めるあなたに是非お勧め。なろうにあるSSもいくつか入ってますが、初見の話も数多くあり楽しいです。本編では貴族社会がメインストーリーになり、ローゼマインとの絡みが少なくなってきたトゥーリやルッツ達の話が半数以上で「平民組はどうしてるんだろう?」と思っていた人には楽しめると思う。トゥーリの失恋からルッツとの婚約までの流れも読めます。 個人的に面白かったのはブリュンヒルデ視点 ギーベ・グレッシェルの娘としてブリュンヒルデの「婿にハルトムートは嫌ッ!!」は笑いましたし、ハルトムートの「平民に注意したときにローゼマイン様から目の色が変わるくらい怒られて、それにゾクゾクッと・・・」にユルゲンシュミットにもこういう性癖あるんだな・・・と。ちなみに、ブリュンヒルデと母親の会話を読んでて、貴族の結婚観というか、彼女がアウブ・エーレンフェストに自分との結婚を提案した意図や背景が分かるでしょう。恋愛結婚至上主義者の読者には不本意かもしれませんが、現代日本においても恋愛結婚なんて戦後のここ数十年です。親の決めた相手が嫌ならダンケルフェルガーのマグダレーナさんみたいに親が納得する相手を連れてくればいいのでしょう。トゥーリの婚約事情、ブリュンヒルデの事情(その後)と作者さんが考えるユルゲンシュミット結婚観が分かるSS集と言っていいかもしれない。

4位 腸よ鼻よ 06

腸よ鼻よ 06
KADOKAWA
¥1,100(2022/03/15 12:01時点)

著者:島袋 全優
発行日:2022年03月10日

トップレビュー

投稿者:イスティク
大はしゃぎの回
前巻の死の淵から辛くも脱出したあとだから、そりゃ嬉しくて調子乗ってはしゃぐよね。マガジンのヤンキー漫画並に無茶しても仕方ない……。で、そんなにはしゃいで大丈夫かなと思ってたら案の定、世紀末みたいな展開になっていきます。描かれてないけど肩パッドが飛ぶのが見えるようだ…。いや、連載が継続するのはいい事なはずである。今巻を読めば、なおのこと。この漫画は連載が続いてておめでとう、…だけど本当におめでとうなのか??…と、不思議な読後感を味わえます。今巻の表紙のモチーフは超わかりやすい。サタデー・ナイト・フィーバーですね。渋いチョイスだなぁ。

5位 女のいない男たち (文春文庫 む 5-14)

著者:村上 春樹
発行日:2016年10月07日

トップレビュー

投稿者:joe ordinary
村上春樹の夢想性愛物語
もっと哲学的な内容の物語かと勝手に期待していましたが、ほとんどセックスの話ばかり。

6位 思考の整理学 (ちくま文庫)

著者:外山 滋比古
発行日:1986年04月24日

トップレビュー

投稿者:MakoS
学生には最適、大人には物足りないかも、、
東大、京大生に人気、のように若い、学生たちに向けて書かれた本と考えるなら、とてもうなずける。論文生活や、情報をまとめることの様々な役に立つアドバイスがあると思う。しかし私は30を超えて、まだまだ先人の人ほどではないが様々に経験して気づいてきたものもあり、本の内容はだいたい知っていたことが多かった。だったら、別に星3ではなくても良いのでは?と思うかもしれないが全体的に本書の中で著者は「最近の若者は個性がない」という少々、決めつけた雰囲気で書かれていることがわずかに腑に落ちなかった。若いときに大胆にできないのは我々大人の責任であると思うし若者はいつだって悪くない。没個性にした社会を作った原因は大人なのだから。きっと一番大事なのは若者と同じ目線で一緒に悩むことが大事なのではないだろうか。いずれにせよこの本は面白いこともたくさんある。本書では「いかに忘れるか」ということも説いており、いま情報が多すぎる現代社会ではそれは特段「頭をよくすることに」大事な要素かと思う。またいかにクロスオーバーな人間関係が閃きに繋がってるなどタメになることも書いてある。

7位 本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身VIII」

著者:香月美夜
発行日:2022年04月09日

トップレビュー

投稿者:

8位 こんなに美しい月の夜を君は知らない

著者:秋元 康
発行日:2022年03月02日

トップレビュー

投稿者:ki22ki
素敵な歌詞たち
歌詞集は初めて買うのですが、自分の想像してたのは、歌詞があって、歌詞それぞれに短いコメントが入ってるのかな~と思ってたのですが、歌詞だけです。秋元先生の文章は、あとがきだけです。合間に、挿絵が入っていて素敵です。ちなみに、表紙の絵は、長沢明《トララララ・・・》2008年。挿絵はすべて長沢さんの作品です。

9位 三千円の使いかた (中公文庫 は 74-1)

著者:原田 ひ香
発行日:2021年08月20日

トップレビュー

投稿者:うさぎニンジン
3,000円どこいった?
タイトルからこんな風に3,000円を使う方がいいという作品かと思って購入しようと思っている方はやめた方がいいです。あらゆる世代のお金にまつわる話を物語形式にしていますが、で?という感じに話が薄い。

10位 しろまるびより おかわりっっ

著者:いしい ともこ
発行日:2022年04月06日

トップレビュー

投稿者:

コメント

タイトルとURLをコピーしました