【2022年11月10日】現在、最も注目されている本ベスト10【ノンフィクション】

本・電子書籍

今週、Amazonで最も注目された本をカテゴリ別に毎週更新しています。買いたい本が決まっていないときの参考にどうぞ!

1位 J00 地球の歩き方 日本 2023~2024 (地球の歩き方 J 00)

著者:地球の歩き方編集室
発行日:2022年09月01日

トップレビュー

投稿者:こまん
ハマってしまう。
旅行に行った気分になります。

2位 バカと無知―人間、この不都合な生きもの―(新潮新書) 言ってはいけない

著者:橘玲
発行日:2022年10月15日

トップレビュー

投稿者:Amazonカスタマー
パラレルワールド
週刊新潮という誰が読んでいるのかよくわからない雑誌で連載されてるコラムだという。文春ならちょくちょくスクープをすっぱ抜いてくるので自分もたまに読むが、新潮は申し訳ないが、読まない。よってそこで連載されてるコラムというのは自分の観測範囲からすると「無い」のと一緒である。ついでに新潮の記事も「無い」のと一緒なので、もしかすると自分が知らないだけで新潮も頻繁にスクープをすっぱ抜いているのかもしれない。そうだとすると上のような物言いは失礼にあたるだろう。それに毎週コンビニにいくと文春のとなりに新潮も仲良くならんでいるので読者は同じく一定規模居るのであろう。悲しいかな、人生で全然出会ったことがないのだが。新潮ではなく、別の某女性週刊誌を愛読している人なら知人に居る。なぜ愛読してるのかとゆうと、とある有名な夫婦の旦那さんがなんだかの試験に合格したのしないのに興味があってしょうがないらしく、ちょくちょくその雑誌で仕入れたらしい、その夫婦の近況を報告してくれるのである…べつに聞きたくないのだが…。しかしわたしからするとその夫婦の何処に興味を抱く要素があるのか全くわからず、心底からどうでもいいので「ほっといたれよ」と言うのだが、聞く耳持たずに嬉々として試験に合格したらしい今でもなお追い続けているのである。金銭関連でなにか許せない部分があるようだが他にもっと怒ればいいことがあるのでは?といってもそっちよりもこの夫婦(主に旦那さんのほう)を許さないのである。しかしあんだけ頻繁に記事になるということは彼と同じく興味津々なひとがいるのであろうがこれはSNSをウォッチングすると同好の士とでも言うべき人たちが簡単にみつかる。SNSはさすがに辟易して最近はほぼ観なくなったがたぶんいまでもいっぱいいるんだろう…。ところでしばしば読む文春にはアメリカ通で知られる人のコラムが連載されており、これを書いてる今現在コンビニで売られてる最新号ではアメリカのどこぞの地域ではどんな男性でもモテモテだというウワサとかで、何故かというとその地域では女性のが長寿だとゆう統計があるんだそうで、締めの一文が「未亡人好きの人はどうでしょう?」とかそんなかんじなので、2022年に読むにはなかなか香ばしいテキストではある。ふと思うんだが、「アメリカ通」とゆうのはなんだかよくわからない言葉である。アメリカは州によって法律が違ったりするので、雑に大きく括りすぎじゃないか?例えば「アフリカ通」なんていうとその呼称自体がアフリカを雑に十把一絡げにくくる差別思考と言われそうだが…。わたくしは長野県の生まれなのだが「長野在住で長野通のコラムニスト」という人がいたとすると、ちょっと首を傾げるかも。というのも長野は山が多く地域の地理的な分断が結構大きいので、文化や風俗も地域によって違いがある。全国ニュースの天気予報で「長野」の部分をみると、以前は「これはどこの長野なんだろう?」と思ったものである。説明すると、長野県内のローカルニュース番組だと、必ず、北部、中部、南部で県内予報が3分割されているのである。この3つで天気も全然異なったりするので。ナントカショーで長野県を特集しても「ねーよ!」と言いたくなったのもそのせいかもしれない。ただ、長野県にとくに興味がない人には全国天気予報で長野はこう、だとあればああそうなんだね、で終わるのかも。ちなみに比較した限り、県庁所在地である長野市の天気予報であると察せられるが調べるのがメンドイのでただの仮説である。…こうやって観測範囲を狭めると、だいぶ雑にくくられた「長野県」という、実態に伴わない、天気予報がひとつで済む、一種のパラレルワールドに存在する「虚構の長野県」が出来上がる。全国のひとがみてる天気予報の長野は、虚構の長野県の天気予報だったんだよ!な、なんだってー!…そろそろ本書の感想に入るが、このコラムでは前書きで元首相襲撃犯と重ねて、映画「ジョーカー」の話がでてくる。犯人の男がこの映画について述べたとされる発言も引用されており、なんらかの影響を与えたのかもしれないが、それはとりあえず横に置き、著者の橘さんの本作の説明文を引用する。電子版はページ数が表示できないが、以下、こうである。「2019年の映画『ジョーカー』では『まるで自分は存在してないかのようだ』と繰り返し訴える孤独な青年アーサーが、狂気と妄想に囚われてジョーカーへと変貌をとげていく姿が描かれている。」…これは橘さんに限らず、プロのライターが同作を要約するときの一般的な語り口なのだが、いつも思うのは、この人達の観たジョーカーはぼくの観たジョーカーと違う作品なのではないか、とゆうことである。つまりパラレルワールドみたいだなあ、とゆう。何処が、というと「孤独な青年アーサー」というところ。ぼくにとってアーサーとは「重い病を抱えながら認知症の母親の介護を続けていたひと」なのである。アーサーが重い病を抱えてる、というのは同作で何度も描写されている。バス車内で急に笑い出してしまう症状で怪訝な顔をされるので病を抱えてるのを示すカードをみせるくだり。ビジネスマンともめるのもこの病が原因である。そのアーサーが急に向精神薬の処方を止められるシーンがあるがあれはすごく怖い。なんでかを簡単に説明すると、違法薬物における禁断症状は知られるが、病院で処方される薬も長年服用を続けてたのを止めると、離脱症状という副反応がでることがある。よって向精神薬は段階的に服用の量を減らし期間を空けるなどしてやめていくものである。それを急にやめると個人差は大きいだろうが強い離脱症状がやってくることになる(繰り返し、個人差はあるとおもう)。かれこれ20年くらい向精神薬を服用し続けてるが、あるとき、その日から完全に断薬せよ、という指示を医師(精神科医ではない)から受け、やめたところ、数日後くらいから離脱症状と思しきものが現れたが、一言でいうと生き地獄でしかなかった。精神科から処方された別の向精神薬の服用を再開するとその症状は治まっていったのである。つまり、あのシーンがぼくには「死刑宣告」に見えるのである。…それで、なんでアーサーが「孤独な青年」になるんだろうか。これを想像してみると「語り手が精神疾患や重い病の問題について、あまり頓着しなてないから」と考えてみる。つまり、そういう病を抱える人の生活の苦しみが、そのひとにとっての、パラレルワールドみたいなもんじゃないかと。そういう人にはアーサーは孤独な青年にしかみえないが、「孤独な青年」というワードは上の「長野県」と一緒でまるで正鵠を射るものでなく、にもかかわらず一般論のようにまかりとおっており、だからこそ、アーサーは自分が存在してないかのようだと訴えているのではないか?とある映画評論家はアーサーのことを「40過ぎて恋人も友人もいない」と書き散らしている。重い病を抱えながら認知症の親の介護をしてる貧困層の人に向かってこんな言葉を浴びせる人をぼくは一切信用しない。タクシードライバーにインスパイアされたとゆう本作でトラビスを演じたデニーロが富裕層の勝ち組を演じ、現実か妄想か曖昧なまま、アーサーがかれを射殺するのはなぜかを考えてみたらいいのだ。というような話を、くだんの襲撃犯もまた、ジョーカーとゆう映画から読み取ることはできなかったのかもしれず、それは観測範囲の狭さ故かもしれないし、ジョーカーを孤独な青年の映画だとする一般論によって、そう誘導させられたかもしれない。真実は不明である、が、この犯人の背景を理解していれば、その観測範囲の狭さを「一言でいえば『絶対的な孤独』ではないだろうか」などと言う一文に収めていいのか、と思う。本書の冒頭では襲撃のときに「ひとつだけ確実なこと」として「自分が『被害者/善』であり、元首相やその宗教団体が『加害者/悪』であるという絶対的な確信があったことだ。そうでなければ迷いなく背中から銃弾を浴びせることなどできるわけがない。」とある。これの何処が「確実」なんだろう。「迷いがなかった」となんで橘さんにわかるの?赤の他人でしょう?あの刹那に膨大な逡巡があったかもしれないじゃん。橘さんはアーサーのこともちゃんと観たかどうかもわからないよ。前述のジョーカーのワンシーンをみれば某ミュージシャンのグッズで炎上した件でミュージシャン擁護する人には一切同意しない。アーサーにとってはあの小さなカードだけが病への無理解で溢れかえる社会における生命線だと理解できるはず。そうじゃないとカードを見せる前にビジネスマンからああされるんだから。それと似たグッズを作るのが許される時代は終わってる。でも観測範囲が狭ければ知らなかったり理解はできないのはしょうがない。じぶんもジョーカーを観るまでこの病のことを知ってたわけじゃないし偉そうに批判できない。視覚障がいをかかえるひとの白杖ってのも10年位前は知らんかったくらいだし。批判してくる人にモンスタークレーマーは勿論含まれてるしただ正義を振りかざしたいだけのひとにムカつくのはわかるけど、その大声にかきけされる、カードが必要なひとにこそ目を向けるべきで、目を向けたのであれば、それは、はっきりと、間違いだと理解して、クレーマーの声よりも優先しないといけないんじゃ。キャンセルカルチャーの快感、という前書きのあとの最初の章では「ハリウッドも時代劇も勧善懲悪の物語で氾濫している」とある。自分が観る限り、今のハリウッドに勧善懲悪の物語などまるで氾濫していないのだが、「こうした物語は楔形文字で書かれたシュメール神話にもみられるから」と続くが、ハリウッドすら正しく観れてない橘さんが、その楔形文字なるもので書かれたシュメール神話というのを理解してるかもだいぶ怪しい。「五輪の一件で問題になったのはいずれも20年以上前のことで」とあるが、ミュージシャンのほうに関しては、長年にわたり、言われ続けてきたことではあるので、こんにちになって急に掘り返されたわけではない。この炎上の件すら、正しく見ているのだろうか。演出家のほうがああいう雑誌のSNSからキャンセルに至るのをみるとさすがに考えるところはあるが、「小学校時代の過ちがいつまでも批判されるような社会には誰も暮らしたい(子育てしたい)とは思わないのではないか」と書いている。子を持つ親からしたら自分の子どもが苛烈ないじめにあっても相手からきちんと謝罪もないまま、長年にわたり問題が指摘されてもなかば放置されるような社会のが住みたくない気がするけど。いじめなんざない社会であればそれに越したことはないし。小学校時代の過ちじゃなくてそれにどう向き合ってきたのか、って話じゃ?当事者でもないのに必要以上にアレコレ言わんけど。…と思ったらこういうキャンセルをやるのは「隣国が主張している被害者中心主義とまったく同じだ」とでてきた。此処で本書を読むのをやめた。その隣国がどこか知らんが、大日本帝国が中国を侵略して朝鮮を植民地支配した「加害者」なのはまごうとこなき事実でしょ。南京虐殺は一切揺らぐことのない歴史的事実だし、「いい植民地支配だった」とかゆう人いるけど、他国のひとのアイデンティティを踏みにじるのをインフラ投資してあげたでしょ、みたいな感じで自己弁護するのは、お話にならないんだ。自分も過去にゴーマニズム宣言丸うのみにしてたからこういうまちがった言説に説得力を感じちゃうのもわかるけどさ。そんな感じで日本の愛国主義もグローバルから鎖国すれば日本国内の右派の内輪だけで成立する素晴らしい国日本というパラレルワールドが出来上がるわけだがここまでに書いたパラレルワールドはすべてただの脳内世界でしかないので、現実のほうはそれを無視して動いてくんですね。個人に限界はあるから、観測範囲を狭めるのもいい場合もあるけども。精神的にまいったぼくもSNSを観測から外すとある程度はラクになりましたし。でもその狭い世界で全能感に浸ってバカだったり無知だったりするのを反省したり改めたりしなくてもいいと思うような人ではいたくないなって思いました。たぶん橘さんもそんな気持ちでこういう本を書いているのでしょうし。

3位 負けない人生

負けない人生
潮出版社
¥1,837(2022/10/25 12:00時点)

著者:古川 智映子
発行日:2022年10月20日

トップレビュー

投稿者:残堀ロビー
実体験に基づいた内容
実体験に基づいた人生への参考になる

4位 限りある時間の使い方

著者:オリバー・バークマン
発行日:2022年08月16日

トップレビュー

投稿者:アップルダイザー
コロナで失ったもの得たもの
在宅勤務等を筆頭にコロナで多くのことがかわった。残念ながらそれの効果は検証されることなくダラダラと毎日が過ぎている。本書は【時間】という観点から現代社会の抱える課題やモヤモヤに、豊富なデータや引用とともにアプローチしてる。モヤがはれた。

5位 【付録つき】YUZURU III 羽生結弦写真集

著者:能登 直
発行日:2022年12月07日

トップレビュー

投稿者:

6位 NHK ラジオ英会話 2022年11月号 上

著者:大西 泰斗
発行日:2022年10月16日

トップレビュー

投稿者:なんしぃ
先に予習しています。
通勤時間にスマホで聞いています。テキストが届いたら、Audibleで予習する事にしました。いつでも聞けるので、役に立っています。もちろん復習にも!

7位 世界インフレの謎 (講談社現代新書)

著者:渡辺 努
発行日:2022年10月20日

トップレビュー

投稿者:submartingales
実質賃金の上昇を伴わない「デフレ脱却(インフレ)」は無意味
本書はインフレ問題に関する知的刺激に富む優れた啓蒙書であり、若手研究者が研究とはどのようにして進んでいくのか、その具体的な研究過程を学習する上でも参考になる価値ある書です。著者の前作『物価とは何か』も是非読んでみたく思わせる内容の濃い作品でもあります。そのことをはじめに強調した上で、本書を読んでいくつか気になった点を指摘したいと思います。第1に、渡辺教授は「慢性デフレからの脱却」を主張しています。そして黒田日銀総裁による異次元金融緩和に対して比較的肯定的であるように見受けます。もっとも、それは「デフレ脱却」を主張している他の多くの経済学者および政策担当者と共通の立場であり、その意味においては非常に一般的な考え方であるといってよいでしょう。しかし、「デフレとは何か?」について大きく異なった考え方を持った人々が多数おり、その結果、日本再生に関する議論に多くの混乱が生じています。ある人々は「デフレ脱却」の意味を物価水準の上昇すなわちインフレと同じ意味に理解する一方、他の人々は「実質賃金と実質成長率の上昇を伴うインフレ」と理解しています。しかし前者と後者の解釈(「デフレ脱却」の定義)の間には根本的な違いが存在します。後者は日本経済の再生に直接つながりますが、前者には何の価値もありません。なぜならば、前者は実質経済の改善が伴わない単なるインフレすなわち名目価格の上昇にすぎないからです。前者は、運が悪ければ、インフレ(そして円安)・スパイラルを引き起こしてしまいます。本書の中で(p.245~6)、渡辺教授は、イタリアやベルギーのように実質賃金の上昇はゼロでも名目賃金が上昇しているようなインフレ状態を目指すべきだ、と主張しています。これが渡辺教授の考えている「デフレ脱却」の中身だと思われます。しかし、実質賃金が上昇しないで名目賃金と物価が上昇する状態(単なるインフレ)にいったい何の価値があるというのでしょうか?実質賃金および実質成長率の上昇が伴わない単なるインフレには何の意味もありません。なぜならば、それは純粋な賃金・物価スパイラル問題を引き起こすだけで、日本経済が直面している本当の問題である実質賃金と実質成長率の長期的停滞の解決策にはならないからです。また他の箇所で(p.255)、渡辺教授は「経済再生には、賃金と物価の好循環を取り戻すことが不可欠で、・・・」と主張しています。これも、文脈から判断すると、実質賃金および実質成長率の上昇を伴わない賃金・物価スパイラル(渡辺教授の考える「慢性的デフレ脱却」)を意味しているものだと思われますが、それも単なるインフレ(名目価格の上昇)でそれ自体には何の価値もないのではないでしょうか?単なる賃金・価格スパイラルを意味する「デフレ脱却」では、人々の経済厚生を増大させるわけでもなく、名目変数だけの変化であり実質的な変化は含まれていません。そのような意味での「デフレ脱却」を、多くの経済学者や政策担当者が日本再生のために不可欠だと考えるのは、単なる「思い込み」にすぎないのではないでしょうか。逆に、そのような名目変数に関する「思い込みからの脱却」が日本再生のための前提条件だと思われます。ちなみに、シュンペーターを敬愛する吉川洋教授の議論(『人口と日本経済』など)では、日本再生のために不可欠なイノベーション(生産性の上昇)を通じて実質賃金そして実質経済成長率の上昇を実現することの重要性を強調しています。私の意見では、吉川教授の方が日本経済にとってより核心的な問題と正しい政策の方向を示しているように思われます。所詮、金融政策そしてインフレはせいぜい短中期のインパクトしか持ちえません。長期的には通貨(金融政策)の中立性が成立しているのです。通貨の長期中立性とは、金融政策によってたとえ一時的に景気が良くなったとしても、その後、反動として景気が悪くなることによって相殺されるので、長期的には金融政策は無力である(実質成長率を上昇させることはできない)ということです。日本再生のためには長期的な実質賃金そして実質成長率を上昇させることが不可欠であり、そのためには生産性を向上させる実質的な経済政策が必要になってきます。その点が渡辺教授の議論(問題意識)の中では軽視されているように見えます。結論として、金融政策やインフレ(賃金・価格スパイラル)を通じて日本再生(長期実質成長率を上昇させること)は実現できないのです。第2に、渡辺教授は「1970年代に起こったインフレの主犯が原油価格の上昇ではなかったことは、はっきりと確認されています。・・・つまり、原油高が起こる前に、すでにインフレは起こっていたのです。(p.99)」と述べています。しかし、渡辺教授は本書の後半部分でインフレ予想は「自己実現」するという議論を展開しています(p.227~9)。わたしもインフレ予想は「自己実現」する傾向があることには同意します。しかし、もしそうであれば、原油高が起こることを予想し、実際に原油高が起こる前にインフレ予想が「自己実現」したと説明することができるのではないでしょうか。そうだとすれば、原油高が起こる前にインフレが起こっていたのでインフレの原因は原油高ではない、と主張することはできなくなります。1979年の第二次オイルショック時のインフレ率上昇はどう説明するのでしょうか?第3に、今話したインフレ予想に関連した点ですが、本書の中で渡辺教授は「インフレの制御とはインフレ予想の制御にほかなりません。(p.100)」と述べています。この主張は、多くの経済学者および政策担当者、特に日銀エコノミストの間で強く共有されている考え方だという印象があります。しかし、インフレ予想は現実の経済状態に基づいて形成されるものであり、空想の世界で形成されるものではありません。したがって、インフレ予想を操作するためには現実の経済を操作できなければなりません。ですから、インフレを操作するには、現実の経済を操作できなければ不可能という結論になります。インフレ予想だけを、例えば、日銀が金融政策で自由に(勝手に)操作することはできないわけです。実際、黒田日銀総裁による異次元金融緩和は2%のインフレ目標を2年で達成することに失敗しました。第4に、渡辺教授は「日本再生には、賃金と価格の好循環を取り戻すことが不可欠」と述べて政府が人為的にでも賃金・価格スパイラルを引き起こすこと必要だと思い込んでいるようです(p.246~56)。しかし、それは日銀黒田総裁と同じ立場で、とても危険な思い込みです。特に、インフレが世界的な広がりを見せている現時点において、日本国内でインフレ政策を政府日銀が邁進することはとてもリスクが高く危険です。いったんインフレ・スパイラルが発生してしまうとコントロールすることが困難になってしまうからです。最終的には、失業と不況を伴う強力な総需要引締政策を実施しなければならなくなります。結論としてまとめると、実質賃金と実質成長率の上昇を伴わない「デフレ脱却」は無意味だということです。意味がないどころか非常に危険なことだということです。名目的な意味での「デフレ脱却」という誤った思い込みから脱却し、イノベーションによる生産性の上昇を目指すことが日本再生のための前提条件です。以上、本書を読んで気になった点を指摘してみましたが、初めに述べたように私は本書を非常に高く評価しています。ただし、私が指摘した上記の問題点は、渡辺教授を含む多くの経済学者や政策担当者に深く掘り下げて批判的に考えてほしい重要なポイントであります。

8位 経営12カ条 経営者として貫くべきこと

経営12カ条 経営者として貫くべきこと
日経BP 日本経済新聞出版
¥1,870(2022/09/16 12:00時点)

著者:稲盛 和夫
発行日:2022年09月07日

トップレビュー

投稿者:WEUTOP
経営者じゃなくても読むべき
稲盛という経営の神様の最後の本ですから、読むべきですな

9位 YOUR TIME ユア・タイム: 4063の科学データで導き出した、あなたの人生を変える最後の時間術

著者:鈴木 祐
発行日:2022年10月19日

トップレビュー

投稿者:buyan
読んだだけでも、気分が晴れる
素晴らしい本でした( *¯ ꒳¯*)✨読みやすい本で読んだだけでも、気分が晴れました。時間術の最終形態→時間感覚を見直すφ(._. )メモメモ読みやすい理解しやすい記述分かりやすく説明する為のストーリーテリングが随所に勉強になりましたm(_ _)m

10位 我がマリノスに優るあらめや 横浜F・マリノス30年の物語

著者:二宮 寿朗
発行日:2023年01月26日

トップレビュー

投稿者:

コメント

タイトルとURLをコピーしました